スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貸金業務取扱主任者資格取得のメリット

この資格を取得するメリットとしてあげられるのは、
なんといっても「収入アップ」でしょう。

貸金業法改正の完全施行(平成22年6月予定)以降、貸金業者は、
資格試験に合格し登録を完了した貸金業務取扱主任者を、
営業所又は事務所毎に設置しなければなりません。

来年の6月までに、全ての貸金業者、しかも全営業所等が、
この国家資格を保持する貸金主任者が必須となります。

どの業者も、この資格を持っている人が必要なのです。
社内で資格者が足りればいいですが足りなければ求人する
ことになります。
もちろん、お給料は期待できますよね。

資格者を設置できなければ廃業せざるを得ない状況に
なってしまいます。
実際に廃業する業者も増えると予想されます。

業者が廃業していく中、この資格を取得して、
貸金業で独立すれば、月収500万円も夢では
ありません。

独立しなくても、この大型国家資格を取得することで、
月収の大幅アップなど金銭的な大きなメリットがあることは
おわかりでしょう。

合格すれば、一生有効でしかも収入アップにつながる
国家資格を取得してみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。