スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貸金業法の改正について

貸金業法の改正について

貸金業法の改正とは、多重債務問題の解決と、借り手が安心して
利用できる貸金市場を目指し、貸金業の規制等に関する法律を改正し
施行された法律です。
現在段階的に施行されており、H22年6月18日に完全施行されることに
なっています。
今回は、この改正により、一番変わる点
「総量規制について」を説明します。


●総量規制とは?

総量規制とは、個人の借入総額が、原則、年収の3分の1までに
制限される仕組みを言います(例外あり)。

総量規制の対象は、個人向け貸付けのみです。
ただし、個人が事業用資金として借入れる場合は、総量規制の
対象とはなりません。
また、法人向けの貸付けと保証、また個人向保証については総量規制の
対象にはなりません。

個人顧客から、新たな貸付けの申し込みを受けた場合、貸金業者は
指定信用情報機関が保有する個人信用情報を使用し、
他の貸金業者からの借入残高を調査しなければなりません。

また、貸金業者が、自社の貸付残高が50万円を超える貸付けを行う場合、
または他の貸金業者を含めた総貸付額が100万円を超える貸付けを行う場合には、
年収を証明する書類の提出を求め、年収等の3分の1を超えないか確認します。

例えば、年収300万円の個人に貸金業者が貸付けることができる金額は、
100万円が上限となり、複数の貸金業者から借入れがある場合は
合計100万円が上限となります(ただし住宅ローンや自動車ローンなど例外あり)。
年収等の3分の1を超える借入れがある場合は、貸金業者は新たな貸付けを
行うことができなくなります。
スポンサーサイト

テーマ : 資格・スキルアップ・仕事
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。