スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貸金業法勉強のポイント

貸金業務取扱主任者資格試験で一番大切なのは
貸金業法だという話を前回しましたが、
今回は貸金業法の勉強のポイントをお話します。

法律の勉強は、条文を何回も読んで理解すること
が大切だと一般的には言われています。
それはもちろん大切なことだと思います。
ただ、試験に合格するために法律を勉強する場合は
ちょっとコツがあります。
条文をただ読んでいてもわかりにくかったり、なかなか
頭に入りにくかったりすると思います。

まず条文を読む前に、全体の構造や法制定の
目的などを頭に入れておくほうがよいと思います。
それから、貸金業法ので規定されていることを理解
し、覚えていくのが効率がいいと思います。
重要なポイントだけをまとめてある参考書や図解が
多いものを使うとよいでしょう。
大型書店に行くと貸金業務取扱主任者資格試験
対策の参考書が何冊もおいてあると思います。
そこから自分が理解しやすいものを1つ選んで
読んでみてください。
その後、条文を読むとすんなり頭に入りますよ。
スポンサーサイト

テーマ : 司法試験・資格試験・語学試験
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。